ブランド
ブランドって奴には全く興味がないと自負していたつもり。
普段身につけるものなんざ、ご承知のとおり(?)まったくの無頓着だし、バイクもクルマも国産だし、住処は埼玉の賃貸マンションだし,息子は市営保育園だし...
(なんだか書いていてとても情けない)
そんな、ブランド無頓着の私が週末クルマのタイヤ交換をした。
今のクルマは、そもそも免許取り立ての妻用に買い替えた中古車なので、特に手をかけてやっていたわけでもない、フツーのクルマなのだが、195-60R15というサイズは多少珍しいのか、思ったよりも安いタイヤのチョイスがなかったという背景はある。
で、選んだのはPOTENZA G-III。
三歳の子供の登園が主な目的である車にスポーツタイヤを履かせる意図は、理解できない所はあるのだが、結局POTENZA。本当はロードノイズが気になっていたこともあり、ラグジュアリー系に興味があったのだが、LEGNOじゃ車格とのバランス的にも予算的にもピンと来ない。
じゃ、もっとご予算的に優しいタイヤは?というチョイスはあったのだが、結局POTENZA。
別に限界まで攻めるつもりはないのだが、なんとなく安心できるというかなんというか、こういうのがブランド力なのかなぁ?まぁ、側面スペースの多くを占めるものだけに、「ロゴがカッコイイから」というのも、購買意欲のベースとしては大きかったかも。
ブランド好きの女性とか馬鹿にしていたのだけど、もう笑えないかも。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-11-21 23:51 | 日記
<< 我が家のチビフレディー X-GAMEをTVで見ながら... >>
なかのひと