秩父鉱業高本線・日本セメント東松山専用線探索:ガーダー橋
a0017848_19223812.jpg

ルートのGoogle Mapsはこちら

採掘場を降り、高坂CCの周辺をなぞるルートを走る。
途中、ゴルフ練習場があり、ここに山側の道を発見したのだが、喪服の集団がおり、とりあえずはスキップして先に進む。走りながら山側をしても、明らかに軌道とわかるものは見えない。また、ときどき山へ向かう道もあるのだが、民家への私道のようでもあり近寄れず。
そうこうするうちに、道はT字路にあたる。そして、このT字路のわきに山へ続きそうな道を発見(地図8)。
この角には信号のようなものがあり、どうやら配水場(高本配水場)の制御表示版的なもののようであった。
T字路から上ると、すぐにそれは姿を表した。
鉄橋(ガーダー橋というらしい)だ!
a0017848_949143.jpg

木は茂っているは、昨日の雨だったりで、足場は悪かったものの、なんとかルートを発見して軌道にのぼってみる。
a0017848_950997.jpg

中央の鉄板部はガタガタして踏み抜いてしまいそうな感じではあったが、鉄骨部分はしっかりしたもので、私の体重にも耐えてくれた。
a0017848_950215.jpg

ガーダー橋の前後は、わりと荒れた感じの少ない軌道が続いていた。あとから考えれば、このガーダー橋を起点に、軌道を歩いて探索してみればよかったとも思ったのだが、そろそろ体力的にヘロヘロとしはじめていた私は、坂を降りて先に進んでしまった。うーん、ここまで来たのに残念。

(まだまだ続く)
[PR]
by honda_xr250 | 2011-10-26 09:59 | 廃線/廃道/廃隧道
<< 秩父鉱業高本線・日本セメント東... 秩父鉱業高本線・日本セメント東... >>
なかのひと