太平洋セメント埼玉工場専用線(1)
西武安比奈線秩父鉱業高本線・日本セメント東松山専用線探索を訪ねて廃線にワクワクしていたら、なんと、もっと近くに廃線があったことに気づく。その名も、太平洋セメント埼玉工場専用線だ。
なお、今回のルートは下図のようなものである。
a0017848_17382289.jpg


a0017848_17355593.jpg
事前にWEBで調べてみたところ、線路や陸橋などモニュメントもありそうな廃線でわくわくしつつ出発地点の高麗川駅へ。
高麗川駅の北側に踏切がある。川越線が北へ、川越線が右へカーブしつつ東へ向かう。それれに挟まれて直進方向に進む線が太平洋セメント埼玉工場専用線のコースである。
地図(1)は駅そばの踏切なのだが、ここから追跡するわけにもいかず、八高線にそって北上し踏切を探す。


間もなく踏切はみつかり、それを渡って直進すると、いきなりの奇異な眺めが登場する。(地図2)
a0017848_17515137.jpg

車道と遊歩道の交差点に信号機、である。遊歩道には「ポッポ道」と看板がたっており、いかにも、元廃線軌道を遊歩道にしたことがミエミエの遊歩道である。うーん、遅かったかあという、ちと悔しい気持ちを抑えつつ、高麗川駅側の高台に上ってみると、こんな眺め。
a0017848_17563879.jpg

おお、線路だ線路だ。やっぱ、廃線は線路があると興奮できるな。
さて、軌道が撤去されてしまったのは残念ではあるが、遊歩道としては残っている訳で、これを追跡する。ちなみに、この遊歩道は歩行専用とのことで、自転車は押して歩くことになる。
a0017848_180470.jpg

踏切跡は何カ所かあるのだが、ここの場合には、アスファルトに埋められたレールが顔を出している。
そしてこんな看板も。....線路内歩行禁止!
a0017848_1813349.jpg

ここが線路であった、まぎれもない証拠である。しかも、この味のある錆び加減。
a0017848_1824951.jpg

そして、ポッポ道は車道とぶつかり終点となる。道路の向こうには、さらに太平洋セメントへと軌道跡がつづく。
(写真奥にセメント工場設備が見える)

次回は、太平洋セメントから西大家へ向かうルートの紹介をする予定である。


参考:ポッポ道
a0017848_1854776.jpg

平成21年に太平洋セメントから用地の寄付を頂いた、とのこと。
[PR]
by honda_xr250 | 2011-10-31 23:12 | 廃線/廃道/廃隧道
<< 太平洋セメント埼玉工場専用線(2) 太平洋セメント専用線探索:予告編 >>
なかのひと