太平洋セメント埼玉工場専用線(2)
a0017848_22591619.jpg

前回の紹介では、高麗川駅からポッポ道経由で太平洋セメント埼玉工場に到着したところまで紹介した。今回は、その続きである。
工場内の軌道は追えるわけもなく、工場周囲を回遊してみる。
a0017848_2381572.jpg
セメント工場の施設というのは、巨大の一言につきる。こんな巨大なものをどうやって作ったのか、故障したらどうやって直すのか、とか、余計な心配をしつつ自転車をこいで裏手に廻ってみる。

林立する工場街をうねうねと走りながら唐突にコイツが姿を現す。(地図3)
a0017848_23114936.jpg

これは、どう見てもガードである。高麗川側は路面の水準で軌道が走っていたのだが、こちらは高架だったのか。
ガードをくぐり自転車を止め、軌道にのぼってみる。
a0017848_23162392.jpg

ガードをくぐるときに、妙に幅広だなとは思ったのだが、上ってみてびっくり。複線敷設されている。とはいえ、複線が続く訳ではなく、片側の路線は、この部分で車止め。
a0017848_23181233.jpg

やはり線路が敷設されているというのは、なかなか楽しいものだったりするのであるが、とりあえず一度降りて、先に進んでみる。と、間もなくこれである。(地図4)
a0017848_2322840.jpg
先のガードとは異なり、ガードをくぐった先は、なんとなく私有地というもの。
上ってみると、このあたりには既に線路はなく、パイプが軌道をのびている感じであった。
a0017848_2324437.jpg

そして、高架軌道の終わりは突然訪れる。(地図5)
a0017848_2326038.jpg

ガードの所でスパッと切られたかのように高架軌道は終わりとなる。
ここからは、中東京変電所の多彩な鉄塔が視野に入ってくる。鉄塔ファンの私としては来なれた場所なのだが、まさかこのあたりが廃線軌道とは思わなんだ。

ということで、第二回はここまでとする。最終回は東武越生線との合流部に迫りたい。
[PR]
by honda_xr250 | 2011-11-01 23:32 | 廃線/廃道/廃隧道
<< 太平洋セメント埼玉工場専用線(3) 太平洋セメント埼玉工場専用線(1) >>
なかのひと