離脱症状と格闘中
誕生日にちなんで、また(←なさけない)禁煙を開始。現在ようやく30時間ほど経過というところ。目下、離脱症状と格闘中。
振り返ってみれば、人生の2/3は喫煙生活だったのだ。毎日毎日血中ニコチン濃度が低下しないようにと吸い続けた煙をピタリと止めたのだ。そりゃぁ、全身の細胞が異常事態と騒ぎだす気持ちはわからいでもない。
猛烈なタバコへの欲求。頭の中はタバコだらけ。
まさに薬物中毒者の禁断症状と同じではないか。恐ろしい...
自分で言うのも情けないくらい、禁煙経験豊富な私だけに周囲の期待は薄いのだが、今回はなんとかしたいなぁ。
がんばろうね。

参考:離脱症状とは
ニコチン依存だった人が禁煙をした際、体内からニコチンが排出されるために起こる現象。禁煙後3日位がピークで長くても2〜3週間で消失する。イライラしたり頭痛が起きたりストレスは溜まるが、吸いたい欲求をコントロールする必要がある。
[PR]
by honda_xr250 | 2005-06-08 14:51 | 日記
<< Q+PR TO PLAY JAPAN 届いた。QUEEN Tシャツ >>
なかのひと