引越希望
昨日の朝、ココ(ってつまり私のブログ)にアクセスしてみたところ、「サーバー増強のためメンテ中」との表示。おいおい、「計画停止だったら、きちんと告知をする手段とか考えられなかったのかよ」とも思ったのだが、確かに最近夜間とかは重かったので、それが改善するなら我慢するかなーと諦めた。
当初の作業予定時間は、01:00-17:00。
実際には、昨晩アクセスすると、「お詫び」ページが表示され、「明朝にはなんとかなりそう」的なことが書かれていた。結局は「予定しておりました16時間を大幅にオーバーしてしまい、結果的に27時間におよぶ長時間となってしまいまいた」とのこと。その後、トラックバックの不具合なども発生した模様だが、今はなんとなく動いている。

ときにExciteからの今回の作業の報告はここに書かれている通り。11時間も予定外の利用不可能時間を押し付けておいて、その経緯、背景、再発防止策などのコメントはいっさいなく、「今後ともよろしくお願いします」といわれても、不信感は拭えない。

「サーバー障害」とか「サービス停止」いうと、実は他人事ではなかったりするので(明日は我が身的な...)、本件に関して攻めようというつもりはないのだが、なんとなく腑に落ちない点を記述しておく。

「作業時間の見積もりの甘さ」
16時間予定の作業が27時間要したということは、実に1.5倍である。リプレース等で最も物理的に時間を要する作業は、バックアップ(データ移行)と動作検証となると思われるが、バックアップに要する時間に関しては、事前に実測で見積もりが可能なはずであり、誤差要因は少ない。となると、当日の突然の機器障害を除けば、見積もりの大幅なずれは考えにくいはずだ。

「サービス提供責任の甘さ」
保守作業の重要度にもよるので、一概に言うことはできないかもしれないが、アナウンスしたサービスイン時間に間に合いそうもない場合には、いったん当日は、全作業を実施前の状態に戻して、別途、遅延の原因を究明した上で、次回、作業時間見積もり精度を上げて実施するというのが誠意あるスタンスではないか。特に今回の保守目的が「サーバー増強」であったことを考慮すれば、何が何でも昨晩中に実施を完了しなければならなかった必然はないと考えられ、サービス提供をないがしろにした姿勢は疑問だ。11時間遅延してでも作業を完遂したかったというのは、公表されていない別の目的(たとえばセキュリティー問題など)があったのではないかとすら勘ぐってしまう。
いずれにせよ、「アナウンスしたサービス開始時間を死守する」という意識はどこまであったのかは問いたい。

「アーキテクチャに対する不信感」
前々から気になっていたのだが".asp"(active server pages)なんだよね。
aspだからといって、Windows Server+IISとは限らないけど、仮にWindows Serverだと、パッチとか大変だろうなぁなんて思う。価格.comなんて「最高レベルのセキュリティー対策を実施していた」のに踏み台にされちゃうわけだし、どうにもねぇ...
それに、Excite Blogのシステム規模がわからないので、なんともではあるが、当初から16時間が見積もられていたことを考えると、アーキテクチャーとしてスケーラビリティーへの考慮が不足しているのではないかなという疑念は大きい。

じゃ、どこに引っ越すか。
今までのデータのエクスポートはできるか。
等々、めんどうなことは多いので、ほんとに引っ越すかはわからないけどね。
ともかく、今回は、不信感倍増ですね。
[PR]
by honda_xr250 | 2005-06-17 08:28 | 日記
<< ANNANライブ行ってきたよ。... このおうた、かなしいねぇ >>
なかのひと