XR林道インプレッション
先ずは、今までXR250のエンジン、特に、フラットなトルク性能に関して否定的なコメントを記載してきたことを謝罪しなければならない。これは、フラットトルクなエンジンを評価すると行った意味ではない。私のようなローテクライダーにとっては、高めのギアで突っ込んでしまっても、トコトコとコーナーを立ち上がってくれるのはありがたい。今日なぞは、ツーストマシンだったら何度エンストしたかわかったものではない。
低速トルクは頼もしい、だが、林道走行では、ほとんどフラットトルクという感じはせず、明確なトルクバンドを感じる。トルクバンドをキープして走行するには、4stといえども、結構忙しいシフトワーク、クラッチワークが必要となる。案外肉体的に疲れるマシンであるなと、ちょっとニッコリ。
単車のコーナリングはバンク角だけではない。リアのトルクが不足すれば立ちが甘くなり、かかりすぎればずるりといく。ブラインドコーナーが多い、タイトコーナーが多い、滑りやすいという林道の特質はマシンの特性を丸裸にする。
その意味では、都内の渋滞走行では、たいして面白くなく思えたXR250が、林道ではめちゃめちゃ面白い。余談だが、帰りの鋪装峠道走行は、行きよりも確実に腕があがったと思っている。
あとは足付き問題。実は今日、林道のふたつめの車止めを越える際に、岩場でバランスを崩して「初ゴケ」。もっとも、岩場のトライアル状態であるから、ほとんど立ちゴケというか、足が地面に届かずにバランス崩しちゃったという感じ。でも、定常走行時は、やっぱこれくらいの高さがあった方が安心感はあるのも事実。やはり慣れるしかないのであろう。
もうひとつ不満をあげると、ハンドルの切れ角が狭い。今日の林道ぐらいの幅(ランクルが走れるくらいの幅)ではUターンができない。ま、これに関しては、慣れてくればケツ流しちゃえばいいのかもしれないけどね。
いずれにせよ。まだまだ未熟な私。「XR250じゃ物足りない」と思えるだけのテクが身に付くのは、まだまだ先の話だろう。(一生ないかもね)
[PR]
by honda_xr250 | 2004-05-30 21:47 | XR250
<< QUEENとバイク XR250林道デビュー!! ... >>
なかのひと