CRF230F
コメントをいただいたvictorさんの愛車(は数々あるとのことだが)はCRF230Fとのことである。CRF250Fは知っていたのだが、恥ずかしながら230Fはvictorさんのページで初めて知った。ショップのページを見てみて見ると、これ、なかなかリーズナブルかつ面白そうなバイクである。
なにがいいって、CRFの称号で保安部品付き588,000円というのがうらやましい。国内向けXR250とほぼ同じ価格でCRFが手に入るとは思わなんだ。
細かなスペックを見ると、正立サスであったり、リアドラムであったりというのは、XR250と比較するとスペックダウン。だが実用スペックで考えると、倒立サス、リアディスクが本当に必須なのかというとどうだろう?それよりも、車重(108kg)なりトルク感を含めたフィーリングの方が重要なのはいうまでもないという気がする。もっとも、レーサーということで、トルク、パワーの情報がないので比較はできないし、数値だけではオフ車のポテンシャルはわからないのでなんともいえない。
ただ、ショップのページによれば、
--
ときどき「CRF230Fをツーリングに使いたい」とご質問いただきます。FTRやSL230など同系列のエンジンの一般公道仕様車が存在するがゆえのご質問だと思いますが、振動や二次減速比などの問題を含めてストラーダではお薦めいたしません。保安部品取付けは基本的に、トランポをお持ちでない方が近場の河原やレース場、林道などに自走するケースや、公道を含むエンデューロレースでの使用を念頭にしています。
--
とのこと。
二次減速比はスプロケ交換で何とかなるってことかなぁ。
振動は我慢するしかないのだろうけど...
それにしても魅力的なマシンですね。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-07-07 22:55 | 単車評論
<< 原動機ってなんだ? 林道野郎の苦悩 >>
なかのひと