<   2004年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
アテネよりポロリ
もっともなデータだと思います。
CNET Japanの記事へ
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-30 13:51
F1中国GPは期待以上だったね
a0017848_0454844.gifちょっと遅くなったが先週末はF1中国初上陸。
レース自体は、冴えないシューマッハに対してバトン、琢磨のBAR HONDAが大健闘という、私としては、楽しいリザルトに終わった。
レース以上に興味を引いたのが、「上海インターナショナル・サーキット」の作り。さすがに設計が新しいだけあってか、最近のレースにある欲求不満がよく解消された良いサーキットという印象。なにせ、最近のF1といえば、マシンの競争というよりも、経験と作戦と運という印象が強い。とにかく、トラブルかピットワーク以外では順位が入れ替わらず、つまらぬことこの上ない。しかも、豊富な経験とそこそこ良いマシンを手に入れた選手が常勝してしまうという事態が数年続いており、なんとも面白みに欠けると不満に思っていた。
ところが、「上海インターナショナル・サーキット」はテクニカルのようで、高速勝負有り、しかも、コース幅が広く、抜きどころ満載。四輪のデッドヒートなんて、随分久しぶりの印象がある。加えて常勝レーサーが経験を活かせず(というよりも、あまりやる気がなかったように見えなくもない...もう優勝決めてるしね)、純粋に旬の選手の実力とマシンパワーをかいま見れた気がする。こうなってくるとF1も面白くなるのかな。
チームとしての戦略戦も見所には違いないけど、やはり、レースである限りは、最終的にはマシンとドライバーの力量勝負を楽しみたい。
ときにFISCO改修も同じ設計者の手によるものとのこと、期待できるかな。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-30 00:45
我が家の"プレリー"
a0017848_21211339.jpg二歳の息子にミニギターを持たせてみた。
右手がネックよりで手を握った感じと、左手がなんとなくDコードに見えて、WembleyのCrazy little thing called loveのフレディーを彷彿とさせる...わけないか。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-28 21:21 | Kids
KWEEN TV出演続報
テレ朝のHPで番組のプロファイルみつけた。
「QUEENなおやじたち」ってあたりがソレですね。
--
0:30〜1:25 浅草キッドのルイ・おやじ王朝 
浅草キッドと草野仁が「若者に負けないスゴイおやじ」を探す!破天荒な海のようにデカイおやじ、見果てぬ夢を追いかけるおやじ、イブシ銀のジャンレノみたいなおやじ…等。

【番組内容】
今の世の中、おやじ世代にどうも分が悪い。何をやっても「おやじ臭い」と非難を受ける。
しかし、草野仁はひと味もふた味も違う。ホントの姿は胸囲120cmのマッチョマン。男を軽々と持ち上げ、右手に握ったリンゴに力を込めると…。
他にQUEENなおやじたち、ダンス界のミスター…など。

【出演者】
浅草キッド・草野仁・佐藤寛子
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-27 14:53
【速報】KWEENがテレビに出るよ!!!
KWEENがテレビに登場です。
先日のREKIOライブでアナウンスあったけど詳細決定です。
ライブ来た人も、KWEENまだ見たことない人も是非チェック!!!
--
放送日: 10月2日(土)深夜24:30〜
番組名: 浅草キッドの「ルイ・おやじ王朝」
放送局: テレビ朝日(関東ローカルになります)
a0017848_21272827.jpg

[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-26 10:01
中津川林道
a0017848_717317.jpg
中津川林道では17kmのダート走行が可能である。
長野側から秩父に向かうルートでは、県境となる峠からダートとなる。
写真は峠で撮影したもの。余談だが、峠にはトイレもある。
今回のルートでは、ひたすら下りとなるが、路面の荒れはひどくなく、ラクチン、というか結構スピードに乗った走りを楽しむことができる。対向車だけ注意すれば初心者も安心も充分楽しめるだろう。
後半(秩父側)では、渓谷を抜けるルートとなり、景色も悪くないのだが、今回は走りを堪能していたこともあり、スタート地点の記念写真のみ。
「路肩注意」やら「死亡事故発生地点」など鬱陶しい看板も多いのは、せっかくの林道の眺めに対して興ざめではあるのだが、幅員が狭い割に四輪車も多いことから、ブラインドは充分注意したい。今回も何度かヒヤッという思いをした。
それにしても、昔林道遊びをしていた時代と変わらずロングの林道が残っているというのはうれしいことだなぁ。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-25 07:32 | 未舗装路話題
イノシシ防護フェンスの先
昨日書いた、迷い込んで見つけた「イノシシ防護フェンス」の先の話を書いてみようと思う。

a0017848_2142182.jpgゲートを超えて(もちろんきちんと閉めておくことは忘れずに!)しばらくは簡易舗装であった。なんだ口ほどにもないと思っていると、じきに路面は写真のような大きめのガレに変わっていった。無精な私ではあるが、さすがにこの状態ではスタンディングを強制される。
a0017848_21425143.jpgガレが過ぎると今度は草ぼうぼうである。高いものでは視界を遮ろうという位だったので1m以上あったのではないだろうか。景色としてはこれが道とは到底思えないのだが、タイヤから伝わる感触としては確かに轍を感じるので、山側キープで(路肩はないかもしれないので)進む。で、ちょっと草が途切れた場所でエンストして記念撮影。
写真は決して草原で撮影したものではない。前方は道なのだ。
a0017848_2143215.jpgそして、後方はこんな感じ。
ケツが向いているのだから、確かに今走ってきた方向なのだが、道がないのがわかるだろうか?
こんなとこなら引き返せば良いのだが、ブッシュが深過ぎて道幅もわからず、進路転換できずに先に進む。
幸い、この写真を撮ったあたりが最深部だったらしく、時期に簡易舗装に戻り脱出成功。
崩落なり落石なら、道がないとわかるので断念する気にもなるが、ここまで深いブッシュだと、道だかなんだかわからずに前進してしまう恐怖ってのも、初めての体験でありました。
ちなみに、写真を撮った所は、草が浅かったので気持ちの余裕があったわけで、最深部ではエンジンを止める勇気もおこらなかったのでありました。

でも一番怖かったのは、簡易舗装区間後に、覆いかぶさる木から下がっていた草の蔓。
本日初めてのダートでの喜びで油断して突っ込んでしまって、首つり状態。
今も私のクビには真っ赤な線が一筋。
同僚には「トムとジェリーの漫画みたいですね」と言われてしまったが、一日痛かったんだよう。
(証拠のクビの写真アップしようとも思ったが、恥ずかしいのでやめておく。)
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-22 21:38 | 未舗装路話題
ゲート
東山中部林道を目指して、間違えて入ってしまった脇道で見つけたゲート。
a0017848_2133799.jpg

ゲートと言えば、林道野郎にとっては、天敵というか、とっても嫌な存在なのだが、このゲートはひと味違う。「開放厳禁」と書いてある。つまり、「開けてもいいけどちゃんと閉めてね」と読める。普段は、屈強な「立ち入り禁止」「一般車走行禁止」という意地悪(?)に涙する私にとっては、なんとも「いい奴じゃん」という感じだ。(で油断して入ってひどい目に会ったのだが、その話はあらためて)
では、このゲート何者かと言うと、「イノシシ防護フェンス」とのことである、ますます中が期待できるではないか...
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-21 21:35 | 未舗装路話題
川上牧丘林道
川上牧丘林道は山梨側と長野側で全く印象は異なる。
大弛峠までの山梨側は全舗装。しかも、舗装してからあまり時を経ていないこともあり、なかなか快適なワインディングで、すっ飛ばしている四輪も多い。
峠は登山者だか、ハイカーだかの車が駐車されていて、かなりうざい状態。ここまで舗装したんだから、駐車場のひとつもついでに作ってあげればいいのにね、邪魔だなぁ、という感じである。(もっとも登山者にとってはバイクの方がはるかに邪魔な存在かもしれない)
さて、この峠を境に長野側になるのだが、ここから待望のダートがはじまる。
路面はどちらかというと荒れ目で、比較的大きめの砂利(石)でやる気を奮い立たせてくれる。今回のルートだと峠からの下りになるのだが、是非、のぼりもチャレンジしてみたいと思う。
ちなみに峠は標高2360m。汗が一気に冷えて、寒かったです。
a0017848_20593841.jpg

[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-21 21:07 | 未舗装路話題
今年初めての紅葉
a0017848_21402972.jpg
一ツ木水が森林道で出会った、今年初めての紅葉。
黄色いのはこの後も見かけたのだけど、紅いのはここだけだったかも。
初物はうれしいですねぇ。

(9/21画像を大きくしてみました)
[PR]
by honda_xr250 | 2004-09-20 21:48 | 未舗装路話題
なかのひと