<   2004年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧
ウィリー
今年、数年ぶりでバイクに戻ったわけだけど、昔は信号ダッシュでよくやってる奴いたなぁと思い出す。最近はビックバイクとストリート系とスクーター流行ということもあり、あんまり流行らないのかな。レプリカとオフローダーに二極化していた時代は、ほんと、信号の目立ちやがりがいたものだけどねぇ。

別にウィリーできるようになりたいと燃えているわけではない。
でも、軽々とフロントをあげちゃうライダーって、となりに並んで劣等感を強く感じるというか、憧れのまなざしで見てしまう。やっぱり、できない奴にとってすれば、うらやましく、かつ、わかりやすいテクだものね。
加えて、林道ライダーの観点でいえば、実用テクでもあるわけで...
(たとえばジャックナイフの実用性は疑問に思っている)

で、そんなこと考えていたら、こんなサイトをみつけた。9800円だせば3週間でマスターできるなら、安いものか否か、難しいところ。
上手くなった結果ウィリーができるのは正当だけど、ウィリーできるようになるためにウィリーを学ぶ所に意義があるのか。
でも、とりあえず、できるようになりたいなぁ。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-31 21:16 | 単車文化論
iPod CM Song Collection
そんなCDがあれば飛びついちゃうのだけど、きっと難しいと思うので、今までのCMで使用された曲をメモしておく。


Hey Mama - Black Eyed Peas
Are You Gonna Be My Girl - Jet
Rock Star - N.E.R.D
Channel Surfing - Feature Cast
I Fought the Low - Green Day
Ride - The Vines
Walkie Talkie Man - Steriogram
Saturday Night - Ozomatli
Vertigo - U2


ちなみにiTunesからiMixにいって、iPod Commercialsで検索するとみつかるので、iTunesで買える人はそちらからどうぞ。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-30 11:26 | 日記
遺伝子組み換え猫
CNN.co.jpの記事

米バイオテクノロジーの「Allerca」社(本社・カリフォルニア州ロサンゼルス)は26日、遺伝子組み換え技術で人間のアレルギー反応の原因となる物質の生成を抑制した「猫」の開発に着手したと発表、予約の受け付けを開始した。愛玩動物で遺伝子組み換えが行われるのは世界で初めてとみられる。

私はどちらかといえば猫派。今までの何匹か付き合いはあるが、幸いアレルギーに悩まされたことはない。でも、猫好きの猫アレルギーの人がいるのは事実だし、確かに気の毒。 それにしても、遺伝子組み換え技術で解決かぁ? 改造猫じゃん。
米国ということもあり、遺伝子組み換え自体にはいろいろと規制がありそうな気もするが、「遺伝子組み換え猫は動物であることから、米農務省や米食品医薬品局(FDA)の規制には反していない」と社長は述べているとのこと。この発言もなんだかなぁ? 食物じゃないから遺伝子組み換え問題無しってかい?
気になるお値段は、1匹3500ドルで日本円にして約37万円。
案外安い。いやいや値段の問題じゃなくて...
しかも、「既に米国、欧州、日本などから数千件の予約を受けた」とのこと。
おいおい、遺伝子組み換えまでした猫欲しいか? 猫アレルギーの諸君?
猫にしても、「人間に嫌われない身体になれる」ってことで幸せなのさということなのだろうか。
納得のいかないニュースである。

参考: Allerca社
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-29 13:59 | 日記
The Johnny Five Recreation Project
今日はiPod Photoのニュースがあったので、それかなぁとも思ったのだけど、何となくフツーっぽいのでやめた。
そんなわけで昨日の続きネタで、 The Johnny Five Recreation Project のご紹介。
昨日とちがって、リアルサイズのJohnny-5のプロジェクト。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-27 23:39 | 玩具
Johnny 5 スケールモデル
a0017848_18323698.gifショート・サーキット(1986)、あるいは、ショートサーキット2がんばれ!ジョニー5(1988)という映画をご存知だろうか。最初の公開の時にはテレビでCMとかもやっていたので、ひょっとすると記憶にある方もいるかもしれない。左の画像は2作目の最後でジョニー達が作ったと思われる"INPUT.INC"のロゴだ。
この映画、ストーリーを一言でいえば、"ハイテク軍用ロボットが落雷で人の心をもってしまう"、というもので、まぁSFものとしてはありがちねと思われるかもしれないが、作品自体は気合いが入っているというか、とってもよくできていて好きな映画だ。
特に2作目のがんばれジョニー5では、ロボットであるジョニーが血を流しながら(?)彼を騙した銀行強盗を追いかけるシーンなどは、何度見ても涙が止まらない。
ちなみに"ロボット版E.T."というキャッチもあるようだが、私はこれは好きではない。

さて、今日の話題は、旧い映画の感想を語ろうという趣旨ではない。
なんと、ジョニ−5の1/5スケールモデルをみつけた。
MilwaukeeMachineManのサイト
REMEMBER THAT THIS IS A LABOR OF LOVE AND NOT JUST FOR PROFIT
とあるので、趣味で作っている方が分けてくれている(た?)らしい。
"た"、というのは、the first issue Johnny 5 model will no longer be availableとのこと。
でもオーダーページもあることだし、一度聞いてみようかなぁ...

ちなみにJohnny-Five.comなーんてサイトも見つけた。ショートサーキットに興味ある英語の強者は是非チェック。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-26 20:16 | 玩具
F1レース規約、コストダウン目的に大改定
asahi.comの記事

(1)1つのグランプリ(GP)で使っていたエンジン1基を2GPを通して使う
(2)使用タイヤは予選から決勝まで1組のみ
(3)速度が上がりすぎない車体形状にする

確かに金がかかりすぎるという理由で参戦を断念せざるを得ないチームがでているのは事実。世界最高峰のモータースポーツといえども門戸を広げなければ面白みには欠けるかもしれない。
上記のような改訂により、確かに、貧乏チームでも参入できる機会は増えるかもしれないが、勝てるチームは結局金持ちでないと無理なのではないだろうか。
どちらかというと、「常勝チーム」「常勝ドライバー」の状態が改善されるような改訂を期待したい所だが、それは個人攻撃になってしまうため難しいのか?
個人攻撃といえば、昔は「ホンダいじめ」の改訂を堂々とやっていたのになぁ...東洋の小国にでかい顔されるのは困るけど、欧州チーム、欧州ドライバーが活躍しているのは問題無しということでしょうかね。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-24 17:36
エリック・クラプトン クロスロード・ギター・フェスティバル
地上アナログTVが一斉に地震報道なので、たまたまWOWWOWにしてみてビックリ。
なにせ、出演アーティストが、すごい。

エリック・クラプトン、カルロス・サンタナ(サンタナ)、ジョー・ウォルシュ(イーグルス)、B.B.キング、ロバート・クレイ、ジミー・ヴォーン、ジェームズ・テイラー、ジョン・メイヤー、ZZトップ、バディ・ガイ、ロバート・ランドルフ、JJ・ケール、ヴィンス・ギル、デヴィッド・エドワーズ、ロバート・ロックウッド、ヒューバート・サムリン、ダン・ティミンスキー

上記以外にも解説を読んでいると、ラリー・カールトン、パット・メセニー、ジョン・マクラフリンなどなどとブルースメン以外も登場していたらしい。
ジェフ・ベック&クラプトンなーんていうのもある。
ちなみに、このイベントでは「あの名器“ブラッキー”※が約1億3百万円で落札された」とのこと。これってきっと安いんだろうなぁ...

放送は22時まで。是非チェック!!!

詳細はこちら
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-23 20:43 | 日記
名古屋、神戸の皆様へ。最強のQUEENコピーバンド、KWEENが行きますよ!!!
KWEENとしては3年ぶりの関西エリアでの公演らしいです。
10/23 ボトムライン名古屋
10/24 神戸チキンジョージ
詳細はこちらのページから。
先週土曜日の沖縄ではWe are the championsで花火もあがる大盛り上がり
近辺の方、是非!!!
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-22 23:32
ハイビジョンを見るなら...
マンションの大家がJCOM TVデジタルに切り替えることにしたらしい。来週から、我が家も、CS,BS,地上デジタルが見れるようになるらしい。となると、せっかくなので、唐突にハイビジョンTVに興味津々となった。今買い替えるなら、やはり流行の薄型か?でも高いなぁ...
などと悩んでいたら、こんな記事をみつけた。これは、FPD International 2004なるイベントで「テレビメーカー各社の画質担当者が“テレビ画質へのこだわり”を語った」報告だ。つまり、薄型テレビ開発の現場からの生の声ということになるだろう。

注目すべきは、
>現時点で“最高のディスプレイ”は、やはりブラウン管
という一言。なーんだ、見栄はらなくてもいいんじゃんと、まずは安心。
開発側の人間ですら、
>家でリラックスして見るときには、ブラウン管でプラズマの弱点を再確認している
と言っているくらいだもの。
加えて、
>なかでもソニー製のマスターモニターの人気が高かった
とのこと。マスターモニターとはレベルは違うとはいえ、ソニーにポイントかもしれない。ちょっと悩んでみようかな?
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-22 23:20 | 日記
浜松大学セグウェイラボ
私の記事からトラックバック頂いた∪・♀・∪69号ランドさんの未来の乗り物の記事で知った、浜松大学セグウェイラボ
設立趣旨を読んでみると、

浜松市都田町にある浜松大学キャンパス内で、学生および教職員が、日常的に利用しながら、Segwayの商業的利用価値、社会福祉的利用価値、健康増進的利用価値など、社会普及のための要因を研究する
とのことである。
セグウェイに乗って教壇に立つ教授、それを受講するセグウェイに乗る生徒達。
ビジュアルをイメージすると、漫画のようであるが...
それにしても、生徒達、ノートとれるのか?
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-19 23:09 | 単車評論
なかのひと