<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Annan in Terraplane
a0017848_055280.jpga0017848_073987.jpg
ここでも告知した通り、28日(金)は、我等がKweenのVo.ふれでぃ江藤氏のソロユニットであるAnnanのライブにいってきた。ライブの詳細は、本人のBLOGに演奏した曲も書かれているし、あきさんnonさんもBLOGで既に紹介しているので、出遅れの僕は多くを語らない。
あいかわらず、深夜の渋谷のホテル街の真ん中で、大笑い...もとい、素敵な歌声を楽しませてもらいました。それにしても、ロジャー木平氏は面白いねぇ(←誰のライブ見に行ったんだっけ?)。
テラプレーンは暗いので、今回ははじめてISO1600を使用してみたのだが、やはり、粒子が荒い。普段使用しているISO800より絞りが稼げるのはありがたいし、あの暗さにして色目も崩れないのはさすがには違いないのだけどね。
さて、次回のライブは、2005年最終とのこと。12/20(土) Bar ONIXにて。次回は19:00始まりなので、電車で帰れる....かな? Annanライブは、終わりが読めないんだな。もっとも、電車で帰りたければ、強い意志をもって帰れば良いだけなのだけど、ついつい、いついちゃう。ま、それもAnnanの人柄によるものなんだろうな。
Annan氏によると、Bar ONIXはテラプレーンより明るいとのことなので、ちょっとは撮影が楽になるかもね。UK氏にもライトが当たるといいなぁ。a0017848_0473372.jpg

最後にモノクロを試してみる。
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-31 00:33
はじめての単車
事前の天気予報では、今日は雨の予報(降水確率70%)であったのだが、前日チェックしてみたところ、15:00位まではなんとか持ちそう、とのことだったので、待望のNPO法人こども二輪塾に行って来た。
息子の単車デビューである。
息子は、補助輪付きの自転車すらまっとうにこげなかったりもするのだが、二輪塾のHPのFAQに、「全くオートバイに乗ったことがない方や、自転車に乗れないお子さんも大勢参加されていますので、ご安心ください」とあり、この言葉を真に受けたふりをして申し込んでみた。
今年春に訪ねたときには、まだ足が届かなかったので、足がつくか否かは最大の心配事だったのだが、物理的にはなんとか届いているという状態。ただし、補助輪付き自転車の経験しかないだけに、バイクを支える、とう発想がないらしく自立することはできず。また、日本語と知能も未熟なので先生の言葉もちゃんとわからず、と講師の先生には甚だ申し訳ない状況での参加となってしまった。(確信犯なのだけど...)
a0017848_22412752.jpg今日ご一緒した、妻の友人のお子さん(小学生)クラスであれば、ひととおりの操作説明のあとは、すぐに自立走行ができる。
最初の体験コースのときには、バイクにベルトをくくりつけ、講師の先生があとから追っかけるといった形での走行になる。「犬の散歩のようだなぁ」なーんて不謹慎なことを考えてみたりもしたが、暴走しちゃう子供とかいるかもしれないしね。先生も大変だ。
a0017848_2248872.jpgでもって、うちの息子クラスになると、単独走行は無理ということで、ニケツでの体験となった。
あの低いバイクで両足を浮かせて乗らなければならない先生も大変だ。(重ね重ね申し訳ない!)
生意気にもスロットルは息子が操作していたようだ。その証拠に、小学生達より暴走気味。
a0017848_2256475.jpgコーナーで、出口方向に視線が向いていたりするとそれっぽい。しかも、なんとなくリーンアウトに見えなくもない(親馬鹿)。
結局、今日は、各自3週を2セットずつ走っておしまい。
最後は、借りた用具とバイクを簡単に掃除する、というのも自分でする(息子にもさせた)。そうだよね。バイクに乗るってのは、操縦するだけでなく、ちゃんと道具を大切にする心ってのも重要だ。
そんなわけで、体験コースなーんて、甚だ背伸びした受講だったのだが、最初、コースを激走するキッズ達を見てビビっていた息子も、講習後には「バイク楽しー」と言える位には成長した。
そうそう、「バイクって楽しい」ってのが、まずは重要な第一歩。
これをきっかけに、もうちょっと自転車で勉強して、再度体験コースにお願いしようかな。
とりあえず、明日にでも補助輪をはずしてみようか。

講師の先生、今日はありがとうございました。もうちょっと自習してから、またお世話になりにいくつもりですので、よろしくお願いします。
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-29 23:16 | Kids
Annanライブ
最近、TVでもよく(?)みかけるKWEENのボーカル、ふれでぃ江藤のソロユニット、Annanのライブが今夜渋谷で開催されます。
昨日、Queen+Paul Rogersだったのだけど、ちょっと消化不良気味で、ライブ連ちゃん予定の私。さて、消化不良は治るでしょうか?
(かえって胃がもたれたりして...)
--
場所: テラプレーン(東京都渋谷区道玄坂2-21-3ホテルサンエイトB1)
開場: 21:00
開演: 21:30 (2ステージ・入れ替えなし)
料金: 1,500
お問い合わせ: 03-5459-4639(テラプレーン)
--
詳細はこちらから
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-28 14:23
紅葉といえば林道でしょ(つづき)
今回のルートでは林道紹介は本人も飽きてしまった感はあるので省略。
強いて追記するとすると、
-御荷鉾で成田から来た55歳のXR250ライダーと会った。私同様リターンオフライダーとのことで、「昔は60kmフルダートだったんですよね」なーんて話に花が咲く。
-上野大滝線の二連トンネルはさらに補強工事が進んでいたような気がするが、前回は進路が逆だったので気づかなかっただけかもしれない。
-上野大滝線の上野村側ルートでは「埼玉側に抜けられません」なる看板が多数出てくるが通過できた。(確かに工事はしていた)
-この時期川上牧丘林道の山頂付近はやたら寒い。夕暮れだったので山を下りるにつれて暗くなるのに、だんだんと暖かくなる違和感。
-今回ルートで四輪、二輪の通行量が最も多かったのは川上牧丘林道。一番荒れていたのも川上牧丘林道。ファミリーカーやモタ(DRZ-SMに会う)がトコトコ走っているので注意。
といったところだろうか。

さて、お次は新生XR250のインプレッション。

まずはタイヤだが、前回の大名栗(あまり思い出したくない)から純正のダンロップD605(ON/OFF)からD603(OFF)に履き替えている。ダートでのグリップは良くなったかもしれないが、交換のついでにチューブも変更したので、軸下重量は増えているという状況。
で、ここのBLOGのコメントでも頂いていた通り、「舗装路ではひどいタイヤだー」というのが率直な感想。家を出てから御荷鉾のダート入り口(塩沢)までは雨にたたられており、またルート設定が悪く秩父からの峠ルートだったのだが、D603での雨の峠は怖いぞ。ちょっとでもリアトルク変動があるとズリズリだ。このときほどXR250の低速トルクが頼もしく思えたことはない(低速トルクに関してはプラグ交換の貢献も高い)。
加えて高速道路走行。D605の時と比較すると最高速が20km/hダウン。100km/hを境に振動倍増で、乗っていて恐怖感でいっぱい。もっとも、制限速度は100km/hなわけで、これを問題と声高に叫ぶと、「ボク交通違反してます」と叫んでいるようなもので、あまり突っ込めないのではあるが...まぁ、最高速は良いとして、長距離もしんどそうだなというのは、ちょっと心配。
軸下重量が増えたせいか、はたまたグリップが強くなったせいか、またまた雨で体が冷えきっていたせいか、コーナリングに慣れるのには正直時間がかかった(立ちが強くなった)のだが、グリップは向上しているのが明らか。一方、グリップの限界付近の予感がつかみにくくなった気もするが、この辺は慣れだろうね。ダートはもっともっと走り込んでみたい。一方、舗装路は、峠、高速とも憂鬱になるだけの状態なので、今後、ルート設定とかも考えないといけないかもしれない。

次はプラグ。今回から"噂の"イリジウムにしてみたのだが、この効果は劇的。始動は一発だし、低速走行時に、下の方から着実にトルクアップしてくれているのが体感できる。特に今回、雨の舗装峠越えで、一段高いギアでもトコトコ走ってくれたのは助かった。今まで燃費が悪いのも悩みの種だった(回し過ぎとの指摘はある)のだが、イリジウムで改善されるのではと期待がかかる。(実際の燃費効果は後述)

で、マフラー。これも今回から、DELTA BARELL Model300だ。
で、どうだったかというと... まずはうるさい。とにかくうるさい。特に高速走行時は疲労度アップに貢献してくれる。乗ってる本人がうるさく感じてしまうんだから、周りはどうなのか気になる。
で、乗り味はどうかといったところなのだが、まずは2kg以上の軽量化だが、これは体感できるほど繊細な神経はもっていないようでわからず。パワーはというと、これも体感ではわからず。ただし、吸気系がノーマルのままのせいか、バランスを崩してしまったらしく、なんとなくかぶり気味の気がする(音がする)。本来なら高回転域での効果が体感できてもいいと思うのだが、かえって以前より引っ張れない気がしている。加えて、イリジウム効果で、以前より高いギアで走れていたはずなのだが、燃費も変化がない。
などと不満に思っていたら、フィルターは購入してからそのままだということを思い出した。交換するか、そのついでに湿式に変えるか...うーん、「排気系いじるとバランス崩れるからやめておこうと言ったの誰?」と問いたい。俺だけど。
まぁ不満というよりも、次回に向けての課題ができたので、それはそれで楽しみとしよう。

そんなわけで、プラグ効果は明確だったのだが、タイヤとマフラーは、もう少し走らないとわからないかも。ま、これはこれで、いじる動機にもなるし、走りに行く言い訳にもなるので、実際は不満というよりも歓迎したいところ。
林道までの移動区間が辛くなったのは、どうしようもないですな。まぁ、ダート向けに振ったんだから、これは覚悟していた通り。今後、ルート選びで考慮しないとね。
それにしても、お財布的には一番負担の小さかった「プラグ交換」が一番効果あり、ってのもオチですな。
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-25 21:51 | 未舗装路話題
紅葉といえば林道でしょ
前回の大名栗での破損箇所を直して、ようやく走りにいけるぞと思ったら毎週末雨続きで、今週末は待望の晴れ、のはずだった。日曜家族サービスと引き換えに土曜日をキープできたので日光あたりから北上するか、などと計画を立てたものの、昨日時点で東北方面は降水確率40%とということで、近場に変更。こんなことだったら、日曜をキープしておけば良かった...
なんか、毎度同じところばっかりだなぁと思いつつも、天候が悪いことがわかっていて、ゲートの刑にあうのも嫌なので...というわけで、今日の林道は以下のメニュー。
-御荷鉾林道
-上野大滝林道
-中津川林道
-川上牧丘林道
まぁ、今回は紅葉見物と、マシンの様子見(マフラー+イリジウムプラグ+タイヤのインプレ)が目的なので、走り慣れたるルートでいいことにしよう。
8:00に出発して、帰宅は19:00位。全走行距離は400kmって感じ。当初は奥多摩の林道経由で帰る予定だったのだが、往路雨にたたられたこともあり、ペースが稼げずに、結局奥多摩は断念。
ってわけで、今日は疲れてしまったので、続きは改めて。
a0017848_21322581.jpg

a0017848_21325665.jpg

[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-22 21:33 | 未舗装路話題
Kween大阪公演 (11/27-CAT HALL)
大阪の皆様お待たせしました。(って私が待たせたつもりはない)
名古屋公演前日の11/27に大阪公演が追加されました。
--
CAT HALL(キャットミュージックカレッジ内)
地下鉄御堂筋線 江坂駅 A階段1号出口より徒歩3分
18:30 Open / 18:00 Show
前売3,500・当日4,000(オールスタンディング)
前売券は11/3発売開始
--
詳細はオフィシャルページにて
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-20 23:34
KweenTV朝日出演間近!! (今週末だよ)
9/30に紹介した情報だけど、放送が近づいたので再度の告知です。

10/22テレ朝ドスペ2にKween出演!!

皆さんビデオの予約はお済みですか?
予約した人も、念のため、もう一度確認しておきましょう。
10/22 24:30って10/23の0:30ですからね。気をつけましょう。
--
2005年10月22日(土)24:30〜25:25
TV朝日:ドスペ2「Music Garage 05」
--
本件に関するオフィシャル情報はこちら
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-19 23:09
ケータイを替えたのだ
a0017848_04955.jpga0017848_0492164.jpg
今日、"待望の"TU-KAからAUへの同番変更をしてきた。
初日である昨日(既に一昨日か)問い合わせた所、「申し込み殺到で、15:00には受付終了しました」とののことだったので、朝一でショップで申し込み。受け取りは妻に任せたのだが、結局受け取れたのは16:00過ぎだったとのこと。やっぱ、TU-KAユーザーはみんな待ってたんだねぇ。
さて、私の新機種は、以前から目をつけていた、G'zOne TYPE-R(CASIO)というやつ。
なぜかっていうと、まずは「JIS保護等級7相当の耐水性と優れた耐衝撃性」である。林道雨男の私としては、耐水機能付きの携帯というのは、とってもありがたい。加えて「電子コンパス」こいつも携帯についててくれれば、別途持ち歩く必要がないので助かる。当然、AUだけに、EZナビウォークで林道近辺までの地図としても使える。
私にとっては、まさに林道野郎の為の仕様と思えたというわけ。
しかも色は赤。当然XR250とおそろいといわけだ。わはは。

アドレス帳は移行できたものの電話番号だけで、メアドはすっとんでしまったし、今まで使ってたメアドも使えなくなっちゃたので面倒だが、まぁ、キャリアを替えたんだから仕方ないか。
明日から、こつこつ設定しないとだね。
ちなみにTYPE-RのRはRacingtとRevolutionの意味だって。
なんだかわくわくしちゃうなぁ...

CASIOのG'zOne TYPE-Rのサイト
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-13 01:21 | 日記
確信犯的衝動買い
一昨日、走行3500kmにして20万円の査定にショックを受けた私。「長く大切に乗ってやろうなぁ」などと思い、せめてステッカーチューンでもしてやるかと思いナップスへ。
...げっ。以前から目をつけていた、DELTA BARELL Model300が在庫あり。
まぁ、断酒も3ヶ月、よく頑張ったよな〜。ご褒美くれてやってもいいかな〜。
などといいつつ...
a0017848_20201880.jpg
買ってしまいました。Model300。
夕方の買い出しついでだったので(本当に買う予定ではなかった)、家に着いたら18:00過ぎ。でも、早速つけましたよ。だって、今日つけときゃ来週末には早速試せるもの。
a0017848_20191472.jpg
上の写真は新旧の比較のつもり。はずしてみて初めて気づく純正の重さ。
そうよ、これこれ、パワー云々ではなくって、2kg以上の軽量化。
小雨の中、家の周りをちょっと一周してみたのだが、今までの純正と比べりゃうるさいかも。92.6dB(出荷時)ってこんな感じなんだね。でも、いわゆるシングルっぽくて好きな感じである。
週末晴れるかなぁ?
でも、アルミサイレンサー+イリジウムプラグ+D603、といっぺんにインプレじゃ、何がなんだかわからないね。

ちなみにノーマル時代はこんな感じでした。
a0017848_22502424.jpg

[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-10 20:37 | XR250
産○新聞はトヨタがお好き
昨日はF1鈴鹿GP。
予選で期待の高かった、日本メーカー勢は残念な結果に終わってしまったが、レースとしては、なかなか最期まで目を離せない面白いものだった。満足満足、琢磨君、来週上海ではきちんと締めようね。
さて、我が家では、同居する父の意向で、(私としては不本意な)産○新聞をとっているのだが、昨日のF1に関してのスポーツ欄での取り上げ方には大いなる疑問が残る。
----
10/9(決勝当日)朝刊
F1記事の大見出しは、次のようなもの。
「ラルフPPいけるぞ初V トヨタ夢へ加速」
いちよう義理立てかのように、
「ホンダも好位置バトン2位琢磨5位」
小さめのフォントで書かれている。("も"がイヤラシイ)
おいおい、日本人ドライバーが母国で優勝を狙えるポジションにつけたっていうのに、トヨタのPPの方が重要かい?しかも、今回の予選は天候にたたられていたため、予選結果をそれほど大きく評価する必要もあるまい。
しかし、仮にもPPは予選一等賞なのだから、ここまでは良しとしよう。
----
10/10(決勝翌日)朝刊
大見出しの「ライコネン圧巻V」はいいだろう。なにせ最終周での激走は見応え充分。あれはファンでなくても興奮できる勝ち方であった。
さて、二番見出しは、
「1周目クラッシュ事故作戦に狂い ラルフ8位トヨタ無念」
確かにペースカーによるスロー走行でトヨタの作戦は不発に終わったのは事実かもしれない。だが、1周目の悲劇は、むしろ琢磨にこそ投げられるべき言葉ではないか。しかもだ。BARホンダのバトンは5位である。一般には、8位より5位の方が上位であり、頑張ったねと評価されても良い結果ではないか。同じ日本のメーカーにもかかわらず、トヨタにばかり肩入れするのか?
しかも。ホンダの結果に関しては「琢磨失格」のひとことである。(失礼な!)
----
スポーツ欄のデスクがトヨタ党なのか(デスクが私物化しているのか)、それとも、社用車をトヨタから調達しているのか(来期リース料の値引き交渉の下地か)、ずばり記者に握らせたのか、事情は知らんが、ここまで露骨なやり方ってのは恥ずかしく思わんのか?

ちなみに、私は現在HONDA党ではあるが、2-3位のルノー(=ゴーン=日産)の快挙は、8位のトヨタよりもうれしく感じた。
[PR]
by honda_xr250 | 2005-10-10 09:32
なかのひと