<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Ac.Queen Japan Tour Photo Report
Ac.Queen、黒沢ロックフェス、ピースフルとKWEEN三昧の週が続く。
今週末のピースフルで一段落ではあるのだが、とりあえず、徐々に整理しないと片付かない、というわけで、Ac.Queenのフォトレポを(ようやく)仕上げてみました。
http://www5.big.or.jp/~tera/Ac.Queen/200606/

ちなみに、今回はiLife'06のiWebを使用。
結構、CSSバリバリのソースが出来てそうで、ブラウザ依存高かったりするのかもという心配はある。だが、Macしかない我が家では、Windowsで確認するすべもない。
表示が崩れていたりしたら、ごめんなさい。
感想など、こちらにコメント頂けたら幸いです。
[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-30 23:55
G'zOneのWIN版が出る!!
a0017848_1735167.jpg僕の愛用する携帯はCasioのG'zOne。購入当時にBLOGにも書いたので知っている人はいるかも。
こいつは、防水、対衝撃性といい、林道野郎には魅力的な一品。しかも色がXR250とおそろの赤なのもうれしい。ただ一つの不満と言えばWINではなかったので、通信系に関してはちょっと不満がなきにしはあらずというところだった。
ところが、ついに待望のWIN版G'zOneが発売との知らせである。
http://www.casio.co.jp/release/2006/w42ca.html
うう、スペックは魅力的。でも、赤がないじゃない。
どうしたものか...
[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-27 17:40 | 日記
Brian May Guitars
a0017848_23451024.jpg

a0017848_23452241.jpg

Brian May Guitar、実は、ロックフェスの本来の主人公...だったりするのかな。
3台のRed Special(うち一台はWhite)によるCrazy。
この会場でこそ演った、貴重なシーン。
a0017848_23453382.jpg

Brian May GuitarとあわせてMini-May(ショートスケールギター)も展示されていた。
息子にもたせて、ぶらいあんとMiracleやらせたい、という気はしなくもない。
[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-26 23:51
Kurosawa Rock Festival Vol.1
a0017848_227107.jpg

a0017848_2217559.jpg

6/23-24で開催された黒沢楽器のイベントにてトリを勤めた我等がKWEEN。
来日中のSimon Croft(We Will Rock Youミュジーカルのギタリスト)も飛び入り参加で、無料イベントとは思えない豪華なステージが展開された。
[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-25 22:18
Annan and Croft (Ac.Queen)
Ac.Queenのライブレポが、なんと、Brian May Officialサイトで紹介されている。しかも写真付き。すごいなぁ〜 うれしいなぁ〜 (ちなみに私の写真ではない)
さて、そろそろフォトレポをまとめねばいかんかとも思うのだが、当日の写真で145枚ほど。ライブはずっと座っての演奏だったので、なかなか選択も悩ましい。本番のショットより客入れ前のショットの方が気に入っているのがあったりもするのだが、本番写真でないと意味ないしなと悩んだり。
できあがったら、ここで紹介死する予定なので、時々チェックしてみてやってくださいな。
今日はふれでぃとサイモンのソロショットのご紹介。

a0017848_191398.jpga0017848_1911612.jpg

[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-20 19:11
super rhythm section (Ac.Queen)
a0017848_0401785.jpgAc.Queenはふれでぃ江藤ことAnnanのボーカルとSimon Croftのギターっての個性のぶつかり合いってのがミソであるのは否定しないのだが、アンサンブルの心地よさってのも何とも魅力だったのである。それを支えたのが、パーカッションのUK Kurita氏と、ベース&キーボードのSpike Hirose氏(以下がくさん)といった二人のリズム隊。
がくさんは今回はゲストなのか正式メンバーなのかさだかではないのだが、安定感があり、時にグルーブ感のあるベースラインで厚みを加えてくれた。特に、ジョンディーコンのコピーではなく、アコースティックアレンジを強く意識したラインが印象的だった。あと、Somebody to Loveのピアニカも印象的だったなぁ。
是非、今後はレギュラーメンバーとして期待したいところではあるが、お忙しい...かも。

a0017848_0391581.jpgそしてUKさん。今回は、バスドラもありーのと、史上最大の(?)巨大なセットを持ち込んでの大活躍。
コンガやシャイカーとといった柔らかいリズム、素手で叩くシンバルも格好良い。そして、スティックを使ったタイトなリズムも張りを添えてくれる。
やっぱ、Annanには欠かせない大きな存在なんだな。


というわけで、今日のところはリズム隊のご紹介。
ちなみに、UKさんの顔出ししていないのに深い意味はない。(構図がお気に入りなのだ)
しばらくAc.Queenネタで連載でもしてみるつもりなのでご期待くださいな。(←レポページも作らなきゃだけど...)
[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-19 01:12
夢の共演の再来 Ac.Queen
a0017848_831457.jpg

昨日はAc.Queen Japan Live Tour 2006の初日。
We Will Rock YouミュージカルのギタリストSimon CroftとKweenのボーカルAnnanによる日豪共演がアコースティックに奏でるQueenの名曲の数々。今までもAnnanソロでQueenを演奏することもあったのだが、Simonのギター、そしてスパイクひろせのベース、キーボードも加わった音の厚みと柔らかさ。UK氏も普段よりも増量したパーカッションセットで武装してリズムを刻む。ときにブルージーで、またまた、ときにオーケストレーション風にな演奏陣の中で映えるAnnanの歌声。そして会場の歌声。
本日の公演の方のためにとネタバレになりそうなので雰囲気はここまで。ちょっとだけライブの映像をお届けしておく。
本日分の当日チケットも、まだありそうな情報もある。この機会をお見逃しなく。
a0017848_8391073.jpg

[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-18 08:52
Ac.Queen's Coming Soon !!
ひつこいようですが、Ac.Queenライブは今週末です。
6/17,18 赤坂グラフィティーにて。
コピーとかトリビュートとかいった次元を越えたオリジナリティー溢れるQueenメロディー。
是非、お試しあれ。
a0017848_2133568.jpg

リハーサル休憩中も楽器を手放せないメンバー達

[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-16 21:34
Coupe407
a0017848_22153421.jpg気づいたらCoupe407が発売されていた。
406クーペもかっこ良かったが、これはすげーカッコいい。
顔といい、リアといい、クーペの為のデザインだったんだなぁと痛感。
お値段は、5,490,000円。
はい。僕はセダンで充分です。大満足ですもの。
Coupe407のスペシャルサイト
[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-14 22:14 | 日記
Ac.Queen Japan Tour
a0017848_10312965.jpgいよいよAc.Queenの東京公演が今週末の6/17,6/18に迫りました。場所は赤坂グラフィティ。
みなさん、チケットの手配はお済みですか?
Ac.Queenってのは、KWEENのボーカルFredie Etoと、We Will Rock YouミュージカルのギタリストSimon Croft、そしてパーカッショニストのUK Kuritaによる、アコースティックでQueenをカバーしちゃうユニットです。
なんと、Simon Croftは、本公演のためにオーストラリアから来日するという、気合い満載の公演だったりするのです。
先週土曜はリハーサルに同行したのだけど、とってもいいです。おすすめです。
Queenファンはもちろん、Queenを知らない人も充分楽しめちゃうんじゃないかな。
さすがにオーストラリアからの来日となると、なかなか見れる機会も少ないわけで、是非、この機会をお見逃しなく!!

ところで、リハの写真を使って、ライブ告知の勝手ページを作ってみました。
http://www5.big.or.jp/~tera/acq/2006June/info.html
本番のライブレポも作成予定なのでお楽しみに。

Ac.Queenについて詳しくはこちらへどうぞ。

(写真はわざと顔出しなしで煽ってみる - Simon Croft)
[PR]
by honda_xr250 | 2006-06-13 10:38
なかのひと