ヤマハという会社
実は私はヤマハが好きだ。
原付デビューはRD50。(他社の原付スポーツと比べて一番でかかった)
中免とる前に憧れていたのはナナハンキラーのRZ350。RZ250黒もかっこよかった。
(原付免許でのれないので仕方ないからプラモデル作った)
中型免許とって最初に買ったバイクはDT200R。
みんないいバイクだ。でも皆2ストなのでなくなってしまった。
今回もヤマハはメーカーとして有力候補だった。でも、私の欲しい車種はなかった。
他社と比較して、ヤマハは、設計した車を大切にする良いメーカーという印象はある。
たとえば、V-MAX、SR400、SERROW、TW225。皆、大ヒットはなかったわりに、地道に製造を続けて、人気を得ているバイクである。しかも、昨今のレトロブームやストリート系の火種となった車種でもある。
私の場合、上記の車種に愛着があるわけではない。SRよりSRXが好きだったし、SERROWよりも戦闘力のあるマシンが好きだ。TWに関しては、あの太いタイヤで、どうして轍の豊富な日本の林道を走れと言うのか、まったく理解できないといった車種だった。
これらの営業貢献度は我々にはわからぬが、ヤマハはずっと売り続けた。
そして、いずれも、現在も現役の車種として売られている。
他のメーカーで。これほど息の長い車種があるだろうか。
当然、レトロブームにのって復刻したのは除外しての話としてだ。
でも、残念ながら今回私はホンダを選んだ。
ヤマハとしては、国内向けオフローダーはSERROWで十分だというメッセージなのかもしれない。確かに、SERRORで十分なのは事実かもしれないが、趣味としてオフオーダーを所有する側としては、10年以上前に基本設計されたマシンよりも新しいマシンに気持ちは移ってしまう。
[PR]
# by honda_xr250 | 2004-05-05 22:21 | 単車文化論
バイク用チャイルドシート
息子は2歳半で市立保育園に通っている。
現在はアンパンマンシートつきのママチャリで私が送る毎日であるが、正直、坂道だらけの我が家の周りの場合には、三段変速といえどもママチャリはしんどい。
そんなわけで探してみたのだが、バイク用チャイルドシートが存在した。
ドイツのスタマタキス社が作っているのがそれ。webで検索すれば、日本でも取り扱っているところは結構あるみたい。練馬ナップスには日本語版のカタログもおいてあった。
さすがに林道は気が引けるけど、これで息子と一緒のツーリングも夢ではなくなりました。
(妻=免許不所持、はどうするんだ?)
[PR]
# by honda_xr250 | 2004-05-05 21:40 | 部品/用品/改造
モタードというもの
a0017848_222922.jpgXRを検討している、とショップ店員に話したら、XR250モタードを強くすすめられた。
店員いわく、「レース使用ならともかく、ほとんど町乗りなら、タイヤも減らないし、乗りやすいし、こちらがお勧め」とのこと。
ごもっともである。
「セカンドバイクといては面白いですよ。」とも言っていた。なるほど、ビッグバイクブームに並行して、手軽にヒラリヒラリ乗れるバイクというニーズがあるんだ。
モタード仕様自体は、きっと新しい話ではない。
その昔、プレスライダーはオフ車ベースで仕事をしていると聞いたことがある。インターネットとバイク便がはやる現在、プレスライダーが存続しているからわからないが、レーサーとは別の観点での職業ライダーとしてのプレスライダーは、わたし個人、あこがれの存在であった。
軽量のヒラリヒラリ感、ショートホイールベースの小回り、単気筒のトルク、高速よりも中低速重視のミッション設定など、街中を短時間で移動するには、オフ車のスペックが適しているのは十分納得できる。これに舗装路用タイヤをはけば、強力な街乗り仕様になるには違いない。小径タイヤによる足付き性も、実は、私のような座高高ライダーにはうれしいポイントかもしれない。
でも、やっぱ違うんだなー。
XR250のガタイで17インチってのも、正直、見た目的にアンバランスな気はしないでもない。体の大きな欧米人なら車高の高いバイクが似合うかもしれないが、つま先立状態の私の場合には、タイヤの小さな車高高のバイクはアンバランスに違いない。そうまでして、街乗り仕様にするなら、ストリート系の方がましかな。ストリート系はそれなりに言いたいことはあるのだけど、それはまた別の機会に。
いろいろいじった結果、モタード仕様になっちゃうっていうのは、カッコイイんだけど、メーカーから「はい、これがモタードです」って提供されたものでいいかというと、ちょっとなぁ...
[PR]
# by honda_xr250 | 2004-05-05 21:17 | 単車文化論
はじめまして
XR250を買った。
先月末頃だろうか、また「乗りたい虫」が騒ぎ出しはじめ、バイク雑誌買ったり、メーカのwebサイトみたりしていたのだが、ゴールデンウィーク開けをまたずして、一昨日注文してしまった。ずいぶん高い衝動買いだなと自分でも思いはするものの、「バイクに乗りたい」という衝動は、他の行為でごまかせるものでもないし、まあしかたないだろう。ともかく、許してくれた妻には感謝である。
私は、あと1か月で43歳。腹もつきでた立派なおっさんだ。ビジュアル的には、モトクロッサーレプリカよりもアメリカンの方が似合うに違いない。加えて、身長170cmにして、座高には人一倍自信のあるわたし。オンロード車に比べて、スリムなシートとは言え、シート高875mmは無謀と言われても否定できない。
恐らくエンデューロにでることはないだろうし、林道だって、そうそう行くわけではないかもしれない。その意味では、オフ車にこだわる必然はないし、オフ車であったとしても、もっと足付きの良いチョイスはあっただろう。
だが、やっぱりオフ車。結局XR250なのだ。
というわけで、このブログでは、12年ぶりにオフロードに復活するおっさんとXR250の話題を中心にやっていくつもりである。

※ここにXRの画像があると据わりがいいのだが、まだ納車されていないので、写真は乞うご期待ということにしておく。
[PR]
# by honda_xr250 | 2004-05-05 19:42
なかのひと