ウィリー
今年、数年ぶりでバイクに戻ったわけだけど、昔は信号ダッシュでよくやってる奴いたなぁと思い出す。最近はビックバイクとストリート系とスクーター流行ということもあり、あんまり流行らないのかな。レプリカとオフローダーに二極化していた時代は、ほんと、信号の目立ちやがりがいたものだけどねぇ。

別にウィリーできるようになりたいと燃えているわけではない。
でも、軽々とフロントをあげちゃうライダーって、となりに並んで劣等感を強く感じるというか、憧れのまなざしで見てしまう。やっぱり、できない奴にとってすれば、うらやましく、かつ、わかりやすいテクだものね。
加えて、林道ライダーの観点でいえば、実用テクでもあるわけで...
(たとえばジャックナイフの実用性は疑問に思っている)

で、そんなこと考えていたら、こんなサイトをみつけた。9800円だせば3週間でマスターできるなら、安いものか否か、難しいところ。
上手くなった結果ウィリーができるのは正当だけど、ウィリーできるようになるためにウィリーを学ぶ所に意義があるのか。
でも、とりあえず、できるようになりたいなぁ。
[PR]
by honda_xr250 | 2004-10-31 21:16 | 単車文化論
<< またまたKWEENテレビ出演 iPod CM Song Co... >>
なかのひと