XR250林道デビュー!! [大名栗林道]
昨晩早起きを宣言したものの、久々にライブ(詳しくはnozzzyさんのページへ)、しかも二歳児を抱えて(文字どおりだっこして)ノリまくりだったこともあり、すっかり寝坊してしまい、8時起床。寝坊したとはいえ、久々の林道だ。腹が減っては戦は出来ぬと、卵飯をかっこみ出発。
今日の目的地は大名栗林道。ツーリングマップルによれば21kmのフラットダートとのこと。我が家(埼玉県和光市)からの距離といい、難易度、林道自体の長さといい、リハビリには手頃と判断。昨晩インターネットでもチェックしたがよさげな雰囲気であった。
林道の入り口は非常に分かりやすい。県道50号線で「大松閣近道」の大きな看板があるので、そこをはいるとすぐに、林道看板があり、数キロ後にダートが始まる。
最初は浮き砂利はあるものの、比較的轍も浅く走り安い...とはいえ、最初は恐怖感で体がガチガチで全然走れない。進むうちに砂質の路面へと変わり、だんだんとペースがつかめてくる。途中「通行止め」の看板(とはいえゲート等はない)をいくつか過ごし、ダートが始まって8km位のあたりだろうか、いきなり、こんなものが登場。
a0017848_19914.jpg

写真では分かりにくいかもしれないが、盛り土、それも立て続けにふたつである。見ようによっては、スーパークロスの2連ジャンプである。ひとつなら、越えるのに失敗してもなんとかなりそうだが、二連ということは、間で止まってしまうと最悪のパターン。
無理はいかんなと、とりあえず引き返す。と往路よりもダントツにスピードがあがっていて楽しい。たかだか8kmとはいえ、連続してダートを走り続けたせいか、感覚が戻りつつあるらしい。となると、これで帰ったのでは、あまりにもったいない。というわけで、ダート開始地点でUターン。写真の2連ジャンプ脇にルートをみつけ続行。その後6km先に、また2連ジャンプの車止め。前回と同様脇を抜け先へ。結局、その1kmほど先の倒木で断念。
人為的な車止めは抜けられても自然には勝てなかった。
本日のダート走行距離は、8km2往復+7km往復で50km弱。帰って家族サービスが待つ身としては、手ごろな遊びだった。 林道サイコー!! XR250サイコー!!
(マシンや林道走行のコメントは改めて紹介したい)
[PR]
by honda_xr250 | 2004-05-30 19:10 | 未舗装路話題
<< XR林道インプレッション よっしゃ! いよいよ林道デビューか? >>
なかのひと