人気ブログランキング |
大名栗線 西名栗線
a0017848_7154743.jpgそういうわけで名栗界隈の林道である。
実は、昨年の引っ越し自体、林道へのロケーションを意識したところではあった(妻には内緒である)のだが、今回の名栗行では実感たっぷりである。なんと、家を出てから林道看板まで30km。早朝道が空いていたとはいえ、家を出てから45分後には林道である。ああ、なんて素敵なこの町。
そんなわけで、「昼飯前には帰ってくるから」と妻と息子に約束して6時に出発。途中コンビニで買い物しても、大松閣裏の林道看板を7時前に通過という早朝の林道。ああ、気持ちいい。
さて、今回は「全線開通」との情報を得てここを選んだのではあるが、実は、大名栗は諸処の事情で完走経験はなかったりする。ましてや、大名栗終点後に控える林道は、まったく未知のゾーン。わくわくだ。
大名栗はトラバースルートなので、眺望が素敵な林道である。だが、この日はガスっていて、景色はいまいちな感じ。遠くの山の眺望はなくとも、岩盤や切り通し等々、十分楽しいけどね。まあ、僕は、久しぶりの大名栗の路面と格闘していたりもしたので、景色がどうこういえた状況かといえば謎。
a0017848_7173749.jpgそんなわけで、ひーひー走ること22km。そう大名栗林道は22km連続ダートという貴重な長さでありました。
途中、お話ししたSUZUKI2STさん。自己流だし遅いんですよ、なんておっしゃってましたが、いえいえ、パーンとエクゾースト響かせてパっと消えて行くテクはさすがもの。また、埼玉界隈ではお会いするかもしれませんが、お手柔らかに。
a0017848_7174961.jpg大名栗の終点は林道広河原逆川線に接続、左折すると北上するが、舗装のまま有馬峠に到着してしまったのでUターンして、名栗湖方面をめざす。と、大名栗の出口からほどなく、西名栗林道の入り口が登場。
ここは大名栗よりも固くスピードの出せそうな路面(二つ目のゲート直後はちょい荒れ)。眺望も大名栗同様気持ちよい。しかも単調なくらい昇りのルート。昇り好きの私としては気持ちいいのだが、帰りのルートは、苦手な下り一辺倒ということではあったりする。
そんなわけで、大名栗と西名栗+αで40-50kmは走ったのかなあ。現地までの舗装路往復が30km*2だと考えれば、なんとダート率50%。しかも、6時に家を出れば10時には戻って来れると。つまり、今後は、自己満足林道遊びと家族サービスが共存できるという、素敵かつ体力的に過酷な休日プランの組む検証ができたと。そんな週末でありました。



a0017848_8113147.jpg【おまけ】広河原逆川線支線(未走行だが)

by honda_xr250 | 2008-08-03 08:15 | 未舗装路話題
<< KANBANS ちょっとぶらっと大名栗 >>
なかのひと